コラム一覧

ここでは、相続手続きを行う際に必要な書類や資料にはどのようなものがあるのかを紹介したいと思います。中には手間の掛かるものや保管場所が分からなかったりで、いざ必要という時に一苦労ということもあり得ます。相続手続きを控えている方は、ぜひご確認ください。

必要書類を把握しておくメリット

必要書類を把握しておくメリット

必要な書類や資料には手続き時に役所で取得できるものと、そうでないものがあります。そうでないものの中には、その後の手続きに要する手間・ひま・コストの削減に効果のあるものもあります。知らずに捨ててしまうことのないようにしたいものです。

また、あらかじめ把握しておくことで以下のようなメリットもあります。

余裕を持つことができる

相続放棄や相続税申告など一部の相続手続きには期間制限があります。事前に必要な資料を把握しておくことで、焦らずに余裕を持って臨むことができます。

手続きをスムーズに進めることができる

事前に把握しておくことでスムーズな収集や手続きが可能になります。

相続相談時に用意しておくと役に立つ資料とは?

相続相談時に用意しておくと役に立つ資料とは?

相続相談時に、以下の3つの資料を用意しておくと手続きをスムーズに進めることができます。行政書士への相続相談時にあれば役に立つ資料と相続手続き時に必要な資料です。

相談時に役立つ資料

相談時、最初に確認するのが遺言書の有無です。次に、相続手続きに備えてどんな相続財産があるのかを把握する必要があります。そのために役立つのが様々な郵便物です。

固定資産税納税通知書からは不動産の概要や評価額の目安が分かりますし、同様に消費者金融業者やクレジット会社の郵便物からは負債の存在が、証券会社ですと株式の所有が推測できます。ダイレクトメールと勘違いして捨ててしまわないようにしましょう。

手続き時に必要な資料①役所の証明書

被相続人の出生から死亡までの戸籍書類、相続を受ける方の戸籍・住民票・印鑑証明書、また、不動産の評価証明書などが必要です。資料の収集は行政書士に依頼することもできます。

手続き時に必要な資料②権利の存在を証明するもの

不動産の権利証や自動車の車検証、預貯金通帳などがあります。また、相続財産のどれを誰にどれだけ移すのかを判断するためには遺言書や遺産分割協議書が必要です。ただし、自筆証書遺言を見つけた場合は絶対に開封してはいけません。

相続相談時に役立つ資料は、文字通りあれば役に立ちますが、なくても相談できますのでご心配は無用です。

京都市で相続相談をしたい方は、認知症・相続対策と不動産法務の専門家、行政書士ふくもり法務事務所へ。京都市を中心に近畿一円、内容により全国対応もいたします。

多くの方にお気軽に利用していただけるよう、初回相談は無料にて随時受け付け中です。「相談して良かった」というお声を励みに、親切丁寧をモットーに対応いたします。

京都市で相続相談をしたい方は行政書士ふくもり法務事務所へ

事務所名
行政書士ふくもり法務事務所 
京都府行政書士会会員 会員番号 2683号
住所
〒616-8172 京都府京都市右京区太秦青木元町6-6
TEL
075-777-7557
FAX
075-755-5454
E-mail
legal-admin.f@jcom.zaq.ne.jp
URL
https://legal-fukumori.info/

無料相談

業務メニュー

  • 代表 福森相仁
    代表 福森相仁
    プロフィールはこちら
  • Facebook
  • Twitter
  • 友だち追加
TOP