コラム一覧

ここでは遺言書作成時に注意しておきたい内容面のポイントを紹介いたします。遺言書は形式面だけでなく内容面でも押さえるべきポイントがあります。一口にポイントと言ってもたくさんあるため言い出せばキリがないのですが、以下では代表的なものに絞ってお話をさせていただきます。ぜひお役立てください。

遺言書作成時に注意すべき5つのポイント

遺言書作成時に注意すべき5つのポイント

遺言書作成は決して難しいものではないのですが、注意すべきポイントがあります。それでは確認していきましょう。

ポイント1:財産の確認と特定

遺すべき財産には何があるのか。ボリュームはどれくらいなのか。誰に何をどれだけ遺すのかをしっかり確認しておきましょう。また、それらを誰が読んでも分かるように特定、記載する必要があります。

銀行口座なら支店名や口座番号まで、株式は会社名、株数、不動産なら地番や面積、地目など、正確に記載する必要があります。

ポイント2:不動産評価の確認

  • 相続人が複数の場合、物理的に分割することはできるのか
  • 賃借権など他人の利用権の有無
  • 山林や老朽化した建物など、利用価値が低い不動産の場合はどうするのか
  • 上記の点などを評価にどう反映させるのか

などなど、不動産評価に関しては事前に確認すべきポイントがあります。

ポイント3:税金対策の確認

税金対策に関しては、以下の4つを確認しておきましょう。

  • 基礎控除と相続税発生の有無
  • 小規模宅地特例など優遇税制適用の可否
  • 特に不動産が多い場合など、納税資金をどう工面するのか
  • 固定資産税がバカにならない場合がある

ポイント4:生命保険は相続対策の強い味方

生命保険は保険契約者、被保険者、保険料負担者、受取人の組み合わせによって相続財産に含まれるかどうかが分かれます。また、(相続人の人数)×500万円までは相続税は非課税ですし、遺留分対策にも効果を発揮する場合があるなど、生命保険は活用次第で相続対策の強力な武器となり得ます。

ポイント5:付言事項の活用

遺言書には遺産分配の根拠や誰に何をどのように活用して欲しいのかの内容、また、生前の感謝の気持ちなど、遺言者の「意思」を書き示すことができます。

それを付言事項といいます。付言事項をしっかり書くことで相続人の納得を得られやすくなる傾向があります。遺産は遺言者自身が築かれた財産です。自らの意思を遺言書にしっかり反映させることをおすすめします。

遺言書作成について困った時は専門家にお任せを!

遺言書作成について困った時は専門家にお任せを!

以上のように、遺言書の作成にはたくさんのポイントがあります。ですが、まずはそんな難しいことは考えず、一度自由に遺言を書いてみられることをおすすめします。きっとご自身の想いを整理する良い機会になると思います。そして専門的なことは、ぜひ私たち専門家にお任せください。

また、遺産を確実に分配するためには遺言執行者を遺言書で定めておくことも有用です。弊所では、遺言執行に関するご相談も承っております。

行政書士ふくもり法務事務所では、京都市を中心に遺言書作成・相続対策のサポートを行っています。認知症対策や今後の財産管理も踏まえ、お客様それぞれに合ったオーダーメイドの対策をご提案いたします。

弊所は京都市で開業しておりますが、京都市だけでなく遠方にお住まいの方の相談にも対応させていただきます。行政書士による初回相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

京都市で安心の遺言書作成サポートなら行政書士ふくもり法務事務所

事務所名
行政書士ふくもり法務事務所 
京都府行政書士会会員 会員番号 2683号
住所
〒616-8172 京都府京都市右京区太秦青木元町6-6
TEL
075-777-7557
FAX
075-755-5454
E-mail
legal-admin.f@jcom.zaq.ne.jp
URL
https://legal-fukumori.info/

相続対策に遺言書が効果的なことは知っていても、書き方がわからない、という方は多いのではないでしょうか?遺された家族のための後悔しない遺言書作成には専門家の活用をお勧めします。

京都の行政書士ふくもり法務事務所では、お客様のご家族構成、資産内容などを丁寧にヒアリングさせていただき、お客様の想いに合わせたオーダーメイドの遺言書作成をサポートいたします。弊所の強みは認知症対策や不動産法務に精通しているという点です。特に認知症対策に詳しい行政書士は京都でも珍しく、ご好評をいただいております。どうぞお気軽にご相談ください。

遺言書作成は決して難しいものではありません。しかし、注意していただきたいポイントが5つあります。それは、財産の確認と特定、不動産の評価、税金対策、生命保険や付言事項の活用です。これらのポイントをしっかりと押さえ、いざという時に想いを実現できる遺言書を作成してみませんか。

行政書士ふくもり法務事務所では、遺言書作成や相続対策のご相談を初回無料で承っております。是非お気軽にお問い合わせください。

無料相談

業務メニュー

  • 代表 福森相仁
    代表 福森相仁
    プロフィールはこちら
  • Facebook
  • Twitter
  • 友だち追加
TOP